浮気調査

当社で最も多い相談は、浮気や不倫に関する調査です。浮気調査といっても、一般の方では、どのような調査をするのかピンとこないかもしれません。簡単に説明すると、調査をする対象者が浮気をしているのか?という証拠を取ることが出来ます。

浮気調査をする理由

浮気調査を依頼するご依頼者が、調査をすることで望んでいることは

  • 証拠を取って離婚したい
  • 慰謝料の請求をしたい
  • 夫婦関係の修復をしたい

これら上記項目に当てはまることがほとんどです。その場合、浮気の証拠を取ることが必要となりますが、探偵でいう浮気の証拠というのは「不貞行為があった」という事実になります。

不貞行為があったという証拠を掴むことが、離婚裁判・慰謝料請求・浮気相手との関係を解消し、夫婦関係の修復をすることに最も重要となります。

浮気の兆候

当社で、浮気調査をする場合。調査前に入念な打ち合わせ時間を設け、現在の状況や、調査対象者について詳しくお聞きしております。

今まで沢山のお話しを聞いてきたことで、必ず浮気の兆候というものが相手に出てくることが分かっております。これまで経験してきたことや、良く言われている浮気の兆候をまとめましたので参考にしてみてください。

会社の残業・休日出勤・出張が増えた

良くある浮気の兆候です。浮気相手と会うために、家にいない時間を作ります。浮気をしている時は、「仕事が・・・」と、嘘をついてまで浮気相手と会うケースがありますので注意してください。

携帯を常に持ち歩くようになった

こちらの内容も良くあるケースです。浮気をしているのであれば、携帯の中には、浮気の証拠たるものが沢山入っています。あなたにバレないよう、携帯を常に持ち歩くようになります。

服装や髪型に気を使ったり、帰ってすぐにお風呂に入る

浮気をしだすと、外見に気を使う兆候があります。今まで髪型や服装に気を使う人では無かったのに、急に気になり始めたら要注意です。

流行りや外食する場所に詳しくなった

浮気相手と食事やデートする前に、浮気相手に喜んでもらおうと、色々なレストランやスウィーツ、映画など、良く調べるようになります。

浮気調査のタイミングも大事

浮気調査をする場合、調査をするタイミングも大切です。タイミングを間違えてしまうと、浮気の証拠を掴むどころか、調査をしていることが対象者にバレてしまい、その後の調査が困難となり、最悪は調査することが出来なくなります。

あおば愛子探偵事務所では、そのようなことが無いよう、打合せの段階で、現在の状況や対象者のことなどを詳しくお聞きしています。

浮気をしている段階によって、調査方法も変わってきますので、各段階をご覧いただきご検討ください。

浮気の初期段階

浮気の証拠はないものの、仕事で帰りが遅くなった・飲み会が多くなったなど、行動や言動に変化出てくる時期です。もし「浮気をしているのかな?」と、相手を疑い始めたら、相手に対し問い詰めることはしないでください。最悪、口論となってしまい、夫婦の関係が悪くなるケースもあります。この場合は、浮気の兆候となっていることなどを相手にバレないよう残しておくことが重要です。

浮気の中期段階

浮気相手との関係が深くなる時期となります。生活態度やあなたに対する言葉使いにも変化で出てくる時期です。浮気調査をする時期としては、不貞の証拠も取りやすく有効です。あなたも、離婚する決意まで至っていなければ、浮気相手との関係を解消させることも可能です。また、事実を知ってから、その後のことを考えることも可能です。当社へ浮気調査を依頼する方に多いのは、浮気の中期段階の方からの依頼になります。

浮気の後期段階

この段階に入ってしまうと、相手は好き勝手にしていることが多い時期です。もしかしたら、相手は離婚や別居を考えているかもしれないので注意が必要です。なぜなら、相手が別居してしまった場合、生活状況などを把握することが難しく、効率に浮気調査をすることが困難となります。この時期に入ってしまっている場合は、出来るだけ早めの相談をご検討ください。

浮気調査の無料相談をご利用ください

あなたが「おかしいな・・・」と、少しでも感じられたら、まずは一度ご相談ください。あおば愛子探偵事務所では、浮気問題を専門にしているカウンセラーが在籍しており、あなたの悩みに対し、適切にアドバイスすることが出来ます。

ご相談お見積り無料 24時間365日受付 通話料無料 0120-957-383 メールの方はコチラ